ゼロから始めるフランス語生活ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS フランス語と英語は似ているけど・・・

  作成日時 : 2009/02/08 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私は全く英語を話すことが出来ません!

ましてやフランス語なんて映画の世界だけだと思っていました。

フランス人のルルは言います。
「日本人はみんな最低6年間は英語を勉強したはずなのに
 何故しゃべれない〜!(切れ気味)」

本当にその通り!ごもっとも!

・・・なのですが、

これっぽっちもしゃべれません!(キッパリ)

必要がなかったんですもの。(開き直り)

英語が話せる人はフランス語の文法など
すんなり受け入れる事が出来るんじゃないかなぁと思います。
英語話せる人(呼ばわり)はそれ以前に語学を身につけられる
私にはないものを兼ね備えている気がします。(ひがみだす)

しかし、英語とフランス語は発音がまったく違うらしいです。


アルファベットも姿、形は同じなのに発音が違います。


Aa ア Bb べ Cc セー Dd デ Ee ウ

Ff エフ Gg ジェ Hh アッシュ Ii イ 

Jj ジ Kk カ Ll エル Mm エム Nn エヌ 

Oo オ Pp ペ Qq キュ Rr エール Ss エス

Tt テ Uu ユ Vv ヴェ Ww ドゥブルヴェ

Xx イクス Yy イグレック Zz ゼットゥ



と、まあ、こんな感じらしいです。

ふむふむ

ブランドのagnès b(アニエス・べー)やA.P.C.(アーペーセー)はフランス語だったのね。

このアルファベットやらをよく見てみたら

Gg ジェ 

J j  ジ

って、英語のまったく逆です。
ややこしいぞ。

Hh アッシュ


ドラゴンアッシュで覚えよう。全く関係ないけど。
漫画の「バナナフィッシュ」の主人公もアッシュだったけど
これも全く関係ないでしょうね。やっぱり(なら言うな!)


Oo オ


これは、英語読みの「オゥー」になってはいけない。と、

たくさんのフランス語教本に書いてあるであります!(ビシッ)

そもそも、フランス語には二重母音がないんだそう。

・・・・なんだ?二重母音って・・・???

二重母音(にじゅうぼいん)とは、調音の開始時と終了時で音質を異にする母音のことをいう。
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より



まだ、わかりません。何語ですか?

「二重母音(diphthong)」とは一体何?

日本語の「愛」と、英語の「I」。決定的に違うのはどこでしょう?
注意!!日本語に「二重母音」という発想は基本的にありません!
日本語の「愛」は、「あ」と「い」が連続して現れただけ。
「2つの母音」なんです。(「連母音」といいます。)
だから2シラブル!
しかし!!!英語の「I」は、「あい」と二つの音っぽく聞こえるが、これはあくまで一つの母音とカウントされます。
だから、これで1シラブル!
英語は「あ、い」と分けてはいけない。
日本語の「はい」と英語の「hi」!
日本語は「ha、i」と2シラブル。
英語は「hi」で1シラブル!!

英語タウンブログより



ほほう、何となくわかりました。

Rr エール

・・・ルルに発音してもらいました。
・・・・・のどの奥でなっている音・・・・
何この音?
このRには今後も悩ませれそうだ。。。


Yy イグレック


イグレックって・・。イグレックって!なんやねん!

覚えるしかないのですね。

こんな感じでしょっぱなから不安です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フランス語と英語は似ているけど・・・ ゼロから始めるフランス語生活ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる